Blog

個人的に一番デジタル化して欲しい領域と思っていた...

今週末はあるお客様の新システムの導入プロジェクトでシステム切り替えの準備をしに浜松まで来ています。大阪も暑いですが、浜松も暑くて干からびそうです(^^;

直近、弊社では社名を変更したり、本社拠点を移転したりとバタバタしていたのですがその中で思ったのが「もっと便利になって欲しい」と思うことが多々あったので感じたままに書いてみたいと思います。

今回は社名変更等の手続きでいろんなところに書類出したり、押印したりなど手間暇が掛かった公的機関とのやり取りに関してもっとこうなればいいのになーと思うことがありました。

きっとみなさんも感じていることなんでしょうが、この暑い中でいろいろな機関に行ったり、不備があって差し戻しされたりなどやり取りに時間がかかってしまうものに少々ストレスを感じて、早く正確に行いたい欲求が強くなってしまいました。

公共サービスなのでサービス受益者である私達も、サービスをする側も楽でコストがかからない仕組みを提供してもらえるとすごく嬉しいですよね。

例えば、ネットで登記申請したりPDFで印鑑証明発行できたり、印鑑登録などなど行ったりきたり結構大変だったりするので時間と労力を節約できるのであれば!と悶々としていました。何で、そんな仕組みがないんだー!!

って思ってました。。。

ですが、実はあるんですよね一部のサービスではあるけどもGbiz-idって仕組みが経産相から提供されていますし、電子申請関係はある程度どの省庁管轄でも用意されているようなのです。

ところが、何だか使いにくいのは一つのIDで全てを通貫して申請したり照会したりするシステムがないんですよ。

なので、今後はこの辺りを統合してくれると嬉しいですよね。

コロナ禍の中で、いろいろ行ったり来たりするのではなく、また郵送などの時間がかかる仕組みではなくネットを使ったデジタルサービスの充実を図ってもらいたいですね。

PAGE TOP